誕生日プレゼントに対する知識を得て観察する人

誕生日プレゼントにボールペン(筆記具)という発想は面白いな誕生日プレゼントに悩む人は多いようですが、その悩みを楽しみに変える人も居るようですね。簡単に言えばネットなどを利用して誕プレに関する情報を集め、その情報を基に贈るアイテムを決める、という手段です。そして重要なのはその後で、実際に相手に手渡してから、その人がどのような行動を起こすのか、十分に観察をする点にあります。

誰でも同じ事を思うでしょう「この誕生日プレゼントで本当に相手の人が喜ぶだろうか…」だけど、実際に手渡した瞬間から、その不安感(悩み)から解き離れていきます。正確に言えば「本当に相手の人が喜ぶだろうか」と言う問題は解決したと自己完結しているだけの話しです。

本当はその誕プレで相手の人が本心から喜んでいるのか、確認する必要があります。もっとも相手の本音なんて「本当に嬉しいですか? 満足していますか?」なんて聞けるはずもなく、結果的に簡単に解る訳では有りません。だからと言う訳でもないでしょうが、相手の本心を確認する人は滅多にいません。

だけど送った相手の本心を突き止める為に、誕生日プレゼントを贈った相手の人を観察する人が居るのです。もちろん直後だけではなく、その後その人に会うたびに様々な心理状況を判断し、誕プレによる心理にどのような変化が有ったのか、データとして集めるのです。

もちろん一人に対するデータだけでは十分では有りませんから、贈った人全員を対象として、様々な角度から誕プレがもたらす効果と、実際に贈ったアイテムとの相対関係など、様々な情報をデータとして知識化し、それをその後の社会生活に生かすのです。

もっともデータをエクセルなどの表にまとめる、なんて事までする人は居ないでしょう。実際は個人の性格として納まる程度の範囲で、知識が積もってその後の知恵として活用する場合が多いのです。と言う訳で、本気で情報を探そうと思われる方の為に。誕生日プレゼントで本音を探るサイトとか心の速報に隠された誕プレの本音等を参照しております。誕生日に何を贈ろうかと悩まれている方はこちらのサイトもぜひ読んでください。

カテゴリー: 日々の生活で思わず感じた日記, 未分類 | コメントは受け付けていません。

初投稿はビジネス的な発想

初投稿はビジネス的な発想…自サイトに検索エンジン対策を施して任意のキーワードで1位表示された場合と2位以下での表示では、アクセス数に雲泥の差がある事を身をもって知っている。広告収入もかなり違うので、2位以下で満足せず、1位を目指して作業を進めるべきだ。

ウェブサイト最強説はワードプレスだと言える。プラグインの活用と開発が他のソフト(ブログ形式のテンプレート類)と比較して群を抜いている。群を抜いているから新しいプラグインを開発する人が多く、相乗効果で、利便性など日毎に高くなっていく

日本人は熱しやすく冷めやすいので、次世代のアクセスアップを今から想定しておくべきだ。簡単に過去を振り返れば、ウェブサイト→PPC広告→メルマガ→ブログ→SEO→ミクシー→ツイッター→フェイスブック→これから何が流行る?

SEOは実際にアクセスが集まるまでに時間が掛かるがPPC広告は時間は掛からない。ある程度の予算を費やしてでも予め、アクセスを集め、ある程度のデータや、人の流れなど熟知して、狙い目のキーワードを設定すべきだろう。

SNSでのアクセスアップはリア充で言う「口コミ」と同じ効果が期待できる。特に以前は匿名でのSNSの利用が多かったが最近は実名での登録が多くなっているので、書かれている記事の信憑性が高くなっている。ゆえに口コミ効果が期待できる。但し悪評も同じ確率で広まるので注意すべきだろう。

頻繁に営業をかけるブログ達・
ナチュラルに行こう 京橋midタワー
ブログでデザイン評価 メルパルクホール
素敵な商品見つけた オフト汐留
今日ここで見たデザイン インテスビル
デザインに凝る 梅田コンパス

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

名探偵コナンのポーカーゲーム

探偵マンガと言えばコナンと言われるほど一般人に浸透してきた感のある「名探偵コナン」ですが、そのコナンを主人公にしたポーカーゲームの配信が始まったようです。ゲームと言えば子供向けの遊びと思う方もいるかも知れませんが、実際に遊ぶのは大人が殆どだと思います。

ちなみに探偵の仕事ですがマンガの世界と実社会では大きな隔たりがあり、例えば大阪駅前で探偵事務所を構えている企業のウェブサイトを覗いて見ればその実態が推測できます、主な仕事は浮気調査、要するに人間の行動を調査する事であり、漫画などの世界とは全く違います。

話しはそれましたが、それなりに楽しめるゲームに仕上がっているようです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ボールペンをプレゼントしよう

3302355

ボールペンは仕事でお世話になっている会社の上司にも、同僚や部下、プライベートな知人など、どんな人にプレゼントしても実用的で喜ばれる品物です。

ただ字を書くだけなら100円程度で文房具屋やコンビニで買うことができますが、高級品と呼ばれるものは長時間使っていても手が疲れにくかったり、きれいな字が書きやすいなどの利点があるようです。

昔は二十歳になった時に人生の先輩から万年筆がプレゼントされることも多かったようですが、現在では万年筆よりも使う機会の多いボールペンが選ばれることが多いようです。

より特別なプレゼントを贈りたいときには、名前を刻印したボールペンがお勧めです。仕事では自分で使う以外にも、客や得意先の方に書類を記入してもらう時にボールペンを差し出す場面も考えられます。

そんな時にサッとモンブランやパーカーのボールペンをスーツの胸ポケットから出して渡せると、スマートですし、書類を記入する人も書き味の良い筆記具で記入する方が気分も良いでしょう。自分で買うには高級ボールペンの価格は高く感じるかもしれませんが、それだからこそプレゼントされると嬉しいものだと思います。

ボールペンをプレゼントしようと決めたら、もしその相手が身近な人でしたら普段どんなボールペンを使っているか確認してみましょう。例えば胸ポケットにいつも大事そうに使っているクロスのボールペンがあるのなら、プレゼントするのは手帳に挟めるサイズの小ぶりなシリーズを選ぶと良いでしょう。

リフィル(替え芯)を購入しやすいブランドのものを選ぶことも、長く使ってもらいやすいコツです。独自のデザインにこだわり過ぎてリフィルが手に入りにくい商品を選んでしまうと、インクがなくなった時点でお蔵入りになってしまう可能性もあります。

女性向けのプレゼントでしたら、ポケットに挿した時に正面から見えるクリップ部分のデザインがかわいいものやお洒落なものが喜ばれるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。